クモノスカビ・写真・ポインター有り サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:80021760

素材名:クモノスカビ・写真・ポインター有り

寒天に生えたクモノスカビ。私たちのまわりに一般的に分布する菌類でパンや果物などに繁殖する。菌糸の先端に灰黒色の胞子のうをつけます。顕微鏡像を見たい場合は「顕微鏡像全試料一覧」から検索できる。

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 電子顕微鏡で見る生命・物質の世界
種別 動画
(swf)
実行時間 -
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権 国立教育政策研究所 National Institue for Educational Policy Research

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
中学第2分野 (3) 動物の生活と生物の変遷
ア 生物と細胞
(ア) 生物と細胞
ここでは,生物には一つの細胞からなるものと多くの細胞からなるものとがあるが,すべての生物が細胞でできており,細胞は生物体の構造の単位であること及び細胞の基本的なつくりについて理解させる。
中学第2分野 (7) 自然と人間
ア 生物と環境
(ア) 自然界のつり合い
また,菌類や細菌類などの微生物が生物の遺体や排出物中の有機物を分解して無機物にし,それを植物が利用していることや,炭素が自然界を循環していることに気付かせる。分解者として扱う菌類や細菌類については,これまで学習していないので,この点も留意して指導する。
生物 (5) 生物の進化と系統
イ 生物の系統
(ア) 生物の系統
ここでは、生物はその系統に基づいて分類できることを理解させることがねらいである。そのため、分類群同士の系統関係を取り上げる。分類群としては、ドメインや界・門など高次の分類群を中心に扱う。その際、DNAの塩基配列などを比較することによって系統関係が調べられていることを取り上げることが考えられる。なお、ここでは個々の分類群について詳細に学習するのではないことに留意する必要がある。