赤血球・透過電子顕微鏡 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:80021080

素材名:赤血球・透過電子顕微鏡

ヒト赤血球の透過電子顕微鏡像。内部に構造はなく、ヘモグロビンで満たされている。

素材のご利用方法

素材情報

素材情報
教材タイトル名 電子顕微鏡で見る生命・物質の世界
種別 動画
(swf)
実行時間 -
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権 第三者著作権者

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
小学6年 B 生命と地球
(1) 人の体のつくりと働き
ウ 血液循環
血液は,心臓の働きで体内を循環しながら,養分,酸素,二酸化炭素などを運んでいる。肺から心臓に戻る血液には,酸素が多く含まれ,全身から心臓に戻る血液には,二酸化炭素が多く含まれる。ここでは,血液に入った養分,酸素の行方や肺から取り入れられた酸素の行方などについてコンピュータシミュレーションや映像,図書などの資料を基にして調べ,血液が,体内を巡り酸素などを体のすみずみまで運んでいることや二酸化炭素を体のすみずみから運び出していることをとらえるようにする。また,人や他の動物は心臓の拍動数と脈拍数が関係することから,心臓の動きと血液の流れとを関係付けながらとらえるようにする。
中学第2分野 (3) 動物の生活と生物の変遷
イ 動物の体のつくりと働き
(ア) 生命を維持する働き
血液については,血漿が組織液となっていろいろな組織中の細胞と血液との間で物質の出し入れの仲立ちをしていることを扱い,赤血球や白血球などの働きについても触れる。
生物基礎 (2) 生物の体内環境の維持
ア 生物の体内環境
(ア) 体内環境
ここでは、生物の体内環境が保たれていることを理解させることがねらいである。その例として、腎臓の働きによって体液中の塩類などの濃度が保たれることや肝臓で様々な物質の合成・分解・貯蔵が行われて体液の成分が保たれることなどを取り上げることが考えられる。血液凝固については、失血を防ぎ体液の量を保つことによって、体内環境を保つことにかかわっていることに触れる。
生物 (1) 生命現象と物質
ア 細胞と分子
(ア) 生体物質と細胞
ここでは、細胞小器官と生体膜の特徴及びそれらを構成する物質の特徴を理解させることがねらいである。