コケ植物の生活環・ゼニゴケの造精器(動画) サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:460300220

素材名:コケ植物の生活環・ゼニゴケの造精器(動画)

ゼニゴケの造精器の顕微鏡映像です。雄株の先端の皿のような部分に、造精器が並んでいます。中では精子が作られます。

素材のご利用方法

素材情報

素材情報
教材タイトル名 体感!植物で見る生殖のしくみ
種別 動画
(wmv)
実行時間 -
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
中学第2分野 (1) 植物の生活と種類
イ 植物の体のつくりと働き
(ア) 花のつくりと働き
ここでは,いろいろな花(両性花)のつくりを観察し,その結果に基づいて,花が決まったつくりをもち,種子をつくる働きがあることを理解させる。花のつくりについては,花の中心から,めしべ,おしべ,花弁,がく,という順に構成されていることを扱う。また,めしべが柱頭,花柱,子房の3部分から成り立っていて,子房の中に胚珠があること,おしべのやくの中には花粉が入っていることを扱う。
中学第2分野 (1) 植物の生活と種類
ウ 植物の仲間
(イ) 種子をつくらない植物の仲間
シダ植物やコケ植物を観察させ,シダ植物は葉,茎,根の区別があり,維管束があるが,コケ植物には葉,茎,根の区別も維管束もないことを理解させる。また,胞子の観察を行うなどして,これらの植物は種子をつくらず胞子をつくることにも触れる。
中学第2分野 (5) 生命の連続性
ア 生物の成長と殖え方
(ア) 細胞分裂と生物の成長
ここでは,体細胞分裂の過程が植物細胞,動物細胞に共通であり,多細胞生物は細胞の分裂によって成長することを理解させることがねらいである。
中学第2分野 (5) 生命の連続性
ア 生物の成長と殖え方
(イ) 生物の殖え方
ここでは,生物が殖えていくときに親の形質が子に伝わること,また,その伝わり方などについて,有性生殖と無性生殖の違いを見いださせることがねらいである。
生物 (2) 生殖と発生
ア 有性生殖
(ア) 減数分裂と受精
ここでは、減数分裂によって遺伝子が配偶子に分配され、受精が起きる結果、多様な遺伝的組合せが生じることを理解させることがねらいである。そのため、一つの形質に対応する遺伝子は、特定の遺伝子座を占め、相同染色体上に一対存在することを説明した上で、異なる染色体上にある二対以上の遺伝子について、減数分裂から受精の過程を経て様々な組合せが生じることを扱う。また、性染色体の存在について触れる。
生物 (2) 生殖と発生
イ 動物の発生
(ア) 配偶子形成と受精
配偶子形成については、減数分裂を含む一連の過程によって卵や精子などができること、受精については、受精の過程を扱う。