化石を調べると何がわかるのかの映像 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:350730110

素材名:化石を調べると何がわかるのかの映像

カキや巻貝など、生物がすんでいた環境について知ることのできる化石について説明した映像である。

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 「大地のつくり」をコンピュータグラフィックスでみよう
種別 動画
(asf)
実行時間 62秒
データ容量 3.85MB

著作権情報

著作権情報
著作権 国立教育政策研究所 National Institue for Educational Policy Research

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
小学6年 B 生命と地球
(4) 土地のつくりと変化
イ 地層のでき方と化石
土地の構成物に目を向けながら地層を観察すると,地層には角がとれ丸みを帯びた礫や砂などが含まれていることに気付く。それらの構成物の特徴は,流れる水の働きによってできた川原の石によく似ている。また,地層を構成しているものの中には貝などの化石が見つかることがある。これらのことから,地層が流れる水の働きによってつくられたものであることをとらえるようにする。一方,火山灰や多くの穴をもつ石が地層の中に含まれていることから,火山の噴火によってつくられた地層もあることをとらえるようにする。このように,地層に含まれる構成物と関連付けて,地層が流れる水の働きや火山の噴火によってできたことについて推論を通してとらえるようにする。
中学第2分野 (2) 大地の成り立ちと変化
イ 地層の重なりと過去の様子
(ア) 地層の重なりと過去の様子
地層の生成年代としては,古生代,中生代,新生代の第三紀及び第四紀の地質年代を扱う。
中学第2分野 (2) 大地の成り立ちと変化
イ 地層の重なりと過去の様子
(ア) 地層の重なりと過去の様子
また,地層の生成年代の推定には示準化石を用いる。示準化石の例として,古生代の三葉虫,フズリナ,中生代の恐竜,アンモナイト,新生代第三紀のビカリア,第四紀のナウマンゾウなど代表的なものを取り上げる。その際,地域の実態に応じて,野外で化石採集を実際に体験したり,博物館などにおいて,実物を観察したりするなどの工夫を行うことも大切である。
中学第2分野 (3) 動物の生活と生物の変遷
エ 生物の変遷と進化
(ア) 生物の変遷と進化
ここでは,例えば脊椎動物では,魚類をはじめとする五つの仲間の間には,魚類と両生類の幼生は鰓呼吸,魚類・両生類・爬虫類は変温動物,魚類・両生類・爬虫類・鳥類は卵生,魚類・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類はすべて脊椎をもつというように段階的に共通性が見られることや,化石についての考察などから,現存している生物は過去の生物が変化して生じてきたことに気付かせる。その際,「(2)イ(ア)地層の重なりと過去の様子」での示準化石などについての学習も踏まえながら,陸上生活をする生物は水中生活をするものから進化してきたことにも気付かせる。
地学基礎 (2) 変動する地球
イ 移り変わる地球
(ア) 地層の形成と地質構造
ここでは、地層が形成される仕組みと地層や岩石にみられる地質構造について理解させることがねらいである。
地学基礎 (2) 変動する地球
イ 移り変わる地球
(イ) 古生物の変遷と地球環境
「古生物の変遷」では、示準化石や示相化石を観察し、古生物の消長により地質時代が区分されることを扱う。ヒトの進化では、直立二足歩行などの人類の特徴に触れる。
地学基礎 (2) 変動する地球
イ 移り変わる地球
(イ) 古生物の変遷と地球環境
「古生物の変遷」では、示準化石や示相化石を観察し、古生物の消長により地質時代が区分されることを扱う。ヒトの進化では、直立二足歩行などの人類の特徴に触れる。
地学 (2) 地球の活動と歴史
イ 地球の歴史
(イ) 地層の観察
ここでは、地層に関する野外観察や実験などを行い、地層や化石の観察に基づいて古環境及び過去の地殻変動の歴史を推定できることを理解させることがねらいである。そのため、地質時代における地球環境については、地層に関する野外観察や実験などを行い、地層や化石の調べ方、地層の対比や古環境を推定する方法を扱う。その際、野外観察は年間指導計画の中で適切な時期に位置付けて行い、その指導に当たっては安全と露頭の保護に留意する。地殻変動では、断層、 褶曲、不整合、岩脈などによって、過去の地殻変動の歴史が推定できることを扱う。また、地質図の読み方については、単純な地層の重なり、断層や褶曲を扱い、その上でその地域の地質の形成順序も扱う。
地学 (2) 地球の活動と歴史
ウ 地球の活動と歴史に関する探究活動
※ 探求事例
「イ地球の歴史」については、地層の対比、地層や化石などの観察、地域の地質図から情報を読み取る実習などから探究させることが考えられる。地層や化石などの観察では、河口や干潟などで堆積物や現生生物の巣穴の観察を行い、それを参考に地層の堆積環境について探究させることが考えられる。