天動説と地動説 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:320920100

素材名:天動説と地動説

現在では当たり前のことになっている地動説に対して、かつて人類が、地球が宇宙の中心にあるという天動説を唱えていたことを示し、両者のちがいなどを解説する。

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 色から迫る宇宙の謎
種別 アニメーション
(dcr)
実行時間 -
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権 国立教育政策研究所 National Institue for Educational Policy Research

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
地学 (4) 宇宙の構造
イ 恒星と銀河系
(ア) 恒星の性質と進化
ここでは、恒星の諸性質が定量的に求められること、恒星の進化の速さやその終末が異なることを理解させることがねらいである。
地学 (4) 宇宙の構造
イ 恒星と銀河系
(イ) 銀河系の構造
ここでは、銀河系の構成天体の種類とその空間分布を理解させることがねらいである。そのため、銀河系の構成天体の種類では、恒星の進化と関連が深い散光星雲、散開星団、惑星状星雲及び球状星団を扱う。また、銀河系の構成天体の空間分布では、銀河系の形と大きさを扱う。その際、銀河系の形と大きさに関連してハーシェルの研究を取り上げることも考えられる。また、銀河系の回転運動が、銀河系の形状と関係していることに触れる。