中和滴定シミュレーター サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:290451800

素材名:中和滴定シミュレーター

中和滴定の実験の流れを確認しながら実験を行い、酸と塩基の量的関係について説明する。滴定進行と共に滴定曲線を作成することで、滴下量とpH変化の関係を説明する。

素材のご利用方法

素材情報

素材情報
教材タイトル名 探究! デジタル元素周期表への誘い ~インタラクティブに体験する化学教材~
種別 その他
(html)
実行時間 -
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権 文部科学省

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
化学基礎 (3) 物質の変化
イ 化学反応
(ア) 酸・塩基と中和
ここでは、酸、塩基の性質や中和反応におけるこれらの量的関係について理解させることをねらいとしている。
化学基礎 (3) 物質の変化
イ 化学反応
(ア) 酸・塩基と中和
中和反応については、酸、塩基の価数と物質量との関係を扱う。その際、反応する酸、塩基の強弱と生成する塩の性質との関係にも触れる。ここで扱う実験としては、例えば、身近な物質や塩の水溶液のpH 測定、中和滴定の実験などが考えられる。
化学基礎 (3) 物質の変化
ウ 物質の変化に関する探究活動
※ 探求事例
「イ化学反応」については、食酢の中和滴定を行い、食酢中の酸の濃度について探究させることや、硫酸銅(Ⅱ)水溶液の電気分解の実験を行い、人間生活で利用されている酸化還元反応について探究させることなどが考えられる。