太陽系惑星軌道(水星-火星) :立体回転アニメ サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:210400300

素材名:太陽系惑星軌道(水星-火星) :立体回転アニメ

太陽系の惑星軌道の中の、水星から火星までの軌道を示す。 HyperViewによるアニメ。

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 三次元画像理科教材集
種別 アニメーション
(html)
実行時間 -
データ容量 38.8KB

著作権情報

著作権情報
著作権 国立教育政策研究所 National Institue for Educational Policy Research

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
中学第2分野 (6) 地球と宇宙
イ 太陽系と恒星
(ウ) 惑星と恒星
ここでは,惑星の特徴を理解させ,惑星の見え方を太陽系の構造と関連付けてとらえさせるとともに,恒星の特徴を理解させることがねらいである。
中学第2分野 (6) 地球と宇宙
イ 太陽系と恒星
(ウ) 惑星と恒星
惑星の特徴については,大きさ,密度,大気組成,表面温度,衛星の存在を取り上げる。また,各惑星の特徴を理解させるためには,望遠鏡による観察のほか,惑星探査機や大型望遠鏡による画像などを活用することが考えられる。
中学第2分野 (6) 地球と宇宙
イ 太陽系と恒星
(ウ) 惑星と恒星
惑星は大きさによって,地球を代表とするグループと木星を代表とするグループに分けられることを見いださせ,大気組成や表面温度を比較することによって地球には現存生物の生命を支える条件が備わっていることにも気付かせる。
科学と人間生活 (2) 人間生活の中の科学
エ 宇宙や地球の科学
(ア) 身近な天体と太陽系における地球
太陽系における地球については、地球を含む太陽系の天体の特徴及び太陽系の広がりや構造を扱う。その際、例えば、地球と他の惑星の表面を比較することで地球の特徴をとらえるようにする。また、太陽系の広がりや構造を扱う際には、天動説や地動説などの歴史的な事項にも触れる。関連する観察、実験としては、例えば、太陽と惑星の距離を縮小した太陽系モデルづくり、簡単な天体望遠鏡の製作と月面の観察などが考えられる。これらの指導に当たっては、天体の観測記録や資料を基にして、身近な天体と太陽系における地球についての科学的な見方や考え方を育成するとともに、興味・関心を高めることが大切である。また、直接的な天体観測に加えて、様々なモデルや視聴覚教材などを用いて視覚的にとらえさせる工夫をすることも大切である。
地学基礎 (1) 宇宙における地球
イ 惑星としての地球
(ア) 太陽系の中の地球
ここでは、地球が太陽系の一員として誕生し、生命を生み出す環境をもつ惑星となった過程を理解させることがねらいである。
地学 (4) 宇宙の構造
ア 太陽系
(ウ) 太陽の活動
「惑星の運動」については、惑星現象、会合周期、ケプラーの法則及びケプラーの法則が発見された研究の過程を扱う。