日本列島震源分布 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:190009430

素材名:日本列島震源分布

日本列島を北の方向からみた3次元的震源分布図の明細 北-1

素材のご利用方法

素材情報

素材情報
教材タイトル名 地球環境と自然災害
種別 画像
(gif)
実行時間 -
データ容量 23.29KB

著作権情報

著作権情報
著作権 国立教育政策研究所 National Institue for Educational Policy Research、第三者著作権者

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
中学第2分野 (2) 大地の成り立ちと変化
ア 火山と地震
(イ) 地震の伝わり方と地球内部の働き
ここでは,地震についての体験と地震計の記録や過去の大地震の資料などを基に,その揺れの大きさや伝わり方の規則性に気付かせるとともに,地震の原因を地球内部のエネルギーやプレートの動きと関連付けて理解させることがねらいである。ここで扱う事物・現象は再現することが困難な場合が多いので,地震についての生徒の経験や具体的な資料,簡単な地震動のモデル実験,あるいはコンピュータシミュレーションなどを活用して,地震及びこれに関連する地学的な事物・現象についての基礎的な理解が得られるようにする。
中学第2分野 (2) 大地の成り立ちと変化
イ 地層の重なりと過去の様子
(ア) 地層の重なりと過去の様子
ここでは,地層を観察し,その構成物の種類,粒の大きさや形,色や硬さ,化石の種類や産状などの特徴からそのでき方を考察して,地層の重なり方や広がり方の規則性を見いださせたり,地層を構成する岩石や産出する化石などから,地層の堆積環境や生成年代を推定させたりする。野外観察に当たっては,事前,事後の指導も含めて年間指導計画の中に位置付け,計画的に実施する。また,安全にも十分配慮するとともに,岩石などの採取は必要最小限にする。野外観察としては,例えば,次のような内容が考えられる。 ・地域全体の地形の様子を概観する。 ・露頭を概観し,地層の重なり方を調べる。 ・地層の広がり方の規則性や,断層や褶曲がないかを調べる。 ・地層の重なり方の規則性を見いだす。 ・地層を構成している岩石を調べる。 ・地層に含まれる化石や岩石を採集し調べる。なお,野外観察については,学校付近に地形や露頭の観察に適した場所がないような地域では,露頭が見える場所に校外学習を行ったり,博物館などの施設を活用したりするなどの工夫が必要である。
地学基礎 (2) 変動する地球
ア 活動する地球
(イ) 火山活動と地震
「地震発生の仕組み」については、海溝付近の地震の発生の仕組みを中心に扱う。その際、内陸部の活断層による地震との違いを取り上げることが考えられる。
地学基礎 (2) 変動する地球
イ 移り変わる地球
(ア) 地層の形成と地質構造
ここでは、地層が形成される仕組みと地層や岩石にみられる地質構造について理解させることがねらいである。
地学 (2) 地球の活動と歴史
ア 地球の活動
(ア) プレートテクトニクス
ここでは、プレートテクトニクスやその成立にかかわる歴史上の発見を、様々な地学的な事物・現象を取り上げながら理解させることがねらいである。そのため、大陸移動説や海洋底拡大説などを扱う。また、プルームについては、プレート運動より更に深いマントル内部の運動であることを扱う。
地学 (2) 地球の活動と歴史
ア 地球の活動
(イ) 地震と地殻変動
ここでは、地震分布とプレートの関係や日本列島付近の地震の特徴を理解させることがねらいである。そのため、世界の震源分布の特徴をプレート境界の違いに関連付けて扱う。また、例えば、日本列島付近の深発地震面や主な活断層の分布を取り上げ、日本列島付近におけるプレート間地震やプレート内地震の特徴も扱う。さらに、断層運動に伴って形成される山地や平野などの地形についても触れる。
地学 (2) 地球の活動と歴史
ア 地球の活動
(ウ) 火成活動
こでは、マグマが発生、分化し、その過程で多様な火成岩がつくられる火成活動を理解させることがねらいである。そのため、マグマが発生し、その組成が系統的に変化する過程及びマグマの組成が変化し多様な火成岩が形成されることを扱う。また、島弧-海溝系における火成活動の特徴として、沈み込み帯におけるマグマの発生について触れる。その際、火山前線との関係について取り上げることも考えられる。
地学 (2) 地球の活動と歴史
イ 地球の歴史
(エ) 日本列島の成り立ち
ここでは、島弧-海溝系としての日本列島の地学的な特徴と形成史について理解させることがねらいである。そのため、日本列島の地学的な特徴については、日本列島の地質構造や日本列島の重力異常、地殻熱流量などを取り上げる。日本列島の形成史については、付加体、変成帯や日本海の形成などをプレート運動と関連付けて扱う。その際、石灰岩、石油、石炭などの地下資源の形成との関連や、私たちの生活にかかわりの深い平野などの地形や地質を取り上げることも考えられる。