恒星の組成比率 のトップページ サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:180031050

素材名:恒星の組成比率 のトップページ

宇宙とプラズマ 6.恒星の組成比率 :宇宙の元素組成のグラフと解説

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 プラズマの不思議なちから
種別 動画
(swf)
実行時間 43秒
データ容量 41.19KB

著作権情報

著作権情報
著作権 国立教育政策研究所 National Institue for Educational Policy Research

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
中学第2分野 (6) 地球と宇宙
イ 太陽系と恒星
(ウ) 惑星と恒星
ここでは,惑星の特徴を理解させ,惑星の見え方を太陽系の構造と関連付けてとらえさせるとともに,恒星の特徴を理解させることがねらいである。
中学第2分野 (6) 地球と宇宙
イ 太陽系と恒星
(ウ) 惑星と恒星
太陽系の構造を考察する際に,太陽や各惑星の位置,大きさを,モデルとして表すことは,太陽系の構造を概観するのに効果的である。さらに,太陽系には惑星以外にも,彗星や冥王星などの天体が存在することにも触れる。
中学第2分野 (6) 地球と宇宙
イ 太陽系と恒星
(ウ) 惑星と恒星
恒星については,自ら光を放つこと,太陽も恒星の一つであることを理解させる。また,太陽以外の恒星を観察しそれらが点にしか見えないことや常に相互の位置関係が変わらないことから,恒星は,太陽系天体と比べて極めて遠距離にあることに気付かせる。その際,恒星が集団をなし銀河系を構成していることにも触れる。
物理 (4) 原子
ア 電子と光
(ア) 電子
ここでは、電子の発見に関する歴史的な実験にも触れながら電子の電荷と質量について理解させることがねらいである。電子の比電荷、電気素量について扱い、例えば、電気素量の測定、真空放電や陰極線の観察、実験などを行う。
物理 (4) 原子
ウ 物理学が築く未来
(ア) 物理学が築く未来
ここでは、物理探査、ナノテクノロジー、物質科学、バイオメカニクス、宇宙、先端の物理学の理論などに着目して、今後の発展が期待されている物理学とその応用について、例えば次のような具体的な事例を紹介し、物理学が科学技術の基盤となっていることを理解させるとともに物理学が築く未来への夢をはぐくむ。・物理探査や資源開発、環境保全への応用・ナノテクノロジーやナノマシンの開発・量子コンピュータの開発・バイオメカニクスの開発と医療・福祉への利用・核融合発電などの新しいエネルギー資源の開発や省エネルギーシステムの開発・宇宙の始まり、宇宙の構造、物質の起源に関する研究・ブラックホールや時空に関する研究・脳科学や人工知能への物理学の応用・他の科学と融合し人類の未来に貢献する可能性