アセトアルデヒドの三次元表現(VRML:BS) サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:10017010

素材名:アセトアルデヒドの三次元表現(VRML:BS)

系統名はエタナール。刺激臭をもつ無色の液体。エタノールをクロム酸で酸化すると生成する。還元性があり酸化されて酢酸となる。

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 有機分子モデルデータベース 3Dで自由自在に見る世界
種別 シミュレーション
(wrl)
実行時間 -
データ容量 2.68KB

著作権情報

著作権情報
著作権 国立教育政策研究所 National Institue for Educational Policy Research

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
化学基礎 (1) 化学と人間生活
ア 化学と人間生活とのかかわり
(ア) 人間生活の中の化学
ここでは、生活を支える物質として、その特性を生かして使われている金属やプラスチックが、様々な化学の研究成果に基づいて製造されていることや再利用されていることを学び、物質を対象とする学問である化学への興味・関心を高め、化学の学習の動機付けとすることがねらいである。例えば、飲料缶などの鉄やアルミニウム製品、ペットボトルなどのプラスチック製品を持参させ、透明性、耐熱性、耐薬品性などの比較を行い、その物理的性質や化学的性質を調べさせる。この観察や実験を通して、種々の金属やプラスチックの性質の違いについて比較させ、それぞれの特性を生かして加工され、利用されていることに気付かせる。また、溶鉱炉や融解塩電解による金属の製錬、重合反応によるプラスチックの合成、アルミニウムの再利用などについて、化学的な視点から調べさせる。金属やプラスチックの製造、再利用に関しては、それらの基になった研究に触れることや映像教材を活用することも考えられる。ここで扱う実験としては、例えば、炭素粉末やプラスチック片による酸化銅の還元、テルミット反応、ペットボトルからポリエステルの繊維をつくる実験などが考えられる。
化学 (4) 有機化合物の性質と利用
ア 有機化合物
(イ) 官能基をもつ化合物
官能基をもつ脂肪族化合物については、アルコール、エーテル、カルボニル化合物、カルボン酸、エステルなど代表的な化合物を取り上げ、官能基により性質が特徴付けられることや、これらの化合物相互の関係を反応や構造と関連付けて扱う。その際、不斉炭素原子を1個含む化合物を取り上げ、光学異性体にも触れる。さらに、日常生活や社会と関連付けて、例えば、油脂やセッケンなどに触れる。ここで扱う実験としては、例えば、アルコールの性質を調べる実験やエステルの合成と加水分解に関する実験などが考えられる。