低地の地層の陸化・素材2 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00048000261b

素材名:低地の地層の陸化・素材2

大地の成り立ちと変化(中1)・大地の変化・平野のつくりと成り立ち・低地の地層の陸化・素材2・静止画・拡大

素材のご利用方法

素材情報

素材情報
教材タイトル名 地形と地層が教える現在・過去・未来
種別 画像
(jpg)
実行時間 -
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権 【B】、鈴木邦夫

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
中学第2分野 (2) 大地の成り立ちと変化
ア 火山と地震
(イ) 地震の伝わり方と地球内部の働き
ここでは,地震についての体験と地震計の記録や過去の大地震の資料などを基に,その揺れの大きさや伝わり方の規則性に気付かせるとともに,地震の原因を地球内部のエネルギーやプレートの動きと関連付けて理解させることがねらいである。ここで扱う事物・現象は再現することが困難な場合が多いので,地震についての生徒の経験や具体的な資料,簡単な地震動のモデル実験,あるいはコンピュータシミュレーションなどを活用して,地震及びこれに関連する地学的な事物・現象についての基礎的な理解が得られるようにする。
中学第2分野 (2) 大地の成り立ちと変化
イ 地層の重なりと過去の様子
(ア) 地層の重なりと過去の様子
ここでは,地層を観察し,その構成物の種類,粒の大きさや形,色や硬さ,化石の種類や産状などの特徴からそのでき方を考察して,地層の重なり方や広がり方の規則性を見いださせたり,地層を構成する岩石や産出する化石などから,地層の堆積環境や生成年代を推定させたりする。野外観察に当たっては,事前,事後の指導も含めて年間指導計画の中に位置付け,計画的に実施する。また,安全にも十分配慮するとともに,岩石などの採取は必要最小限にする。野外観察としては,例えば,次のような内容が考えられる。 ・地域全体の地形の様子を概観する。 ・露頭を概観し,地層の重なり方を調べる。 ・地層の広がり方の規則性や,断層や褶曲がないかを調べる。 ・地層の重なり方の規則性を見いだす。 ・地層を構成している岩石を調べる。 ・地層に含まれる化石や岩石を採集し調べる。なお,野外観察については,学校付近に地形や露頭の観察に適した場所がないような地域では,露頭が見える場所に校外学習を行ったり,博物館などの施設を活用したりするなどの工夫が必要である。