バイオレメディエーション サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00030010502d

素材名:バイオレメディエーション

下水処理における微生物の働き、および汚泥を用いたリサイクル建材について。

素材のご利用方法

素材情報

素材情報
教材タイトル名 シミュレーションで見る最先端バイオテクノロジーの世界
種別 アニメーション
(html)
実行時間 35秒
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権 国立教育政策研究所 National Institue for Educational Policy Research、鹿島建設株式会社

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
物理基礎 (2) 様々な物理現象とエネルギーの利用
エ エネルギーとその利用
(ア) エネルギーとその利用
ここでは、人類が利用可能な水力、化石燃料、原子力、太陽光、風力などを源とするエネルギーの特性や利用などについて、電気エネルギーへの変換を中心に、これまでに学んだ物理学的な視点から理解させる。例えば、エネルギー変換の仕組みや発電量を調べることなどが考えられる。原子力については、関連して、α線、β線、γ線、中性子線などの放射線の特徴と利用、線量の単位など、放射線及び原子力の利用とその安全性の問題にも触れる。その際、放射線がその性質に応じて、医療、工業、農業などで利用されていることに触れることが考えられる。
物理基礎 (2) 様々な物理現象とエネルギーの利用
カ 様々な物理現象とエネルギーの利用に関する探究活動
※ 探求事例
例えば、「ア熱」については、熱に関する研究の歴史の調査を行い、熱の利用について探究させることや、熱と力学的エネルギーとの変換を身近な現象を通して探究させることなどが考えられる。
物理 (4) 原子
ウ 物理学が築く未来
(ア) 物理学が築く未来
ここでは、物理探査、ナノテクノロジー、物質科学、バイオメカニクス、宇宙、先端の物理学の理論などに着目して、今後の発展が期待されている物理学とその応用について、例えば次のような具体的な事例を紹介し、物理学が科学技術の基盤となっていることを理解させるとともに物理学が築く未来への夢をはぐくむ。・物理探査や資源開発、環境保全への応用・ナノテクノロジーやナノマシンの開発・量子コンピュータの開発・バイオメカニクスの開発と医療・福祉への利用・核融合発電などの新しいエネルギー資源の開発や省エネルギーシステムの開発・宇宙の始まり、宇宙の構造、物質の起源に関する研究・ブラックホールや時空に関する研究・脳科学や人工知能への物理学の応用・他の科学と融合し人類の未来に貢献する可能性
生物基礎 (1) 生物と遺伝子
ア 生物の特徴
(イ) 細胞とエネルギー
ここでは、生命活動に必要なエネルギーと代謝について理解させることがねらいである。そのため、光合成によって光エネルギーを用いて有機物がつくられ、呼吸によって有機物からエネルギーが取り出されることを扱う。その際、生じたATPが、光合成の反応など生命活動に広く利用されること、光合成や呼吸の反応が酵素の触媒作用によって進むことにも触れる。また、ミトコンドリアと葉緑体が、原核生物に由来することにも触れる。なお、細胞構造の詳細については「生物」の「(1)ア細胞と分子」で学習する。
生物 (1) 生命現象と物質
イ 代謝
(イ) 光合成
ここでは、光合成において光エネルギーが化学エネルギーに変換される過程を理解させることがねらいである。そのため、光合成における各過程の反応を扱い、細菌による光合成と化学合成についても触れる。
生物 (1) 生命現象と物質
ウ 遺伝情報の発現
(ウ) バイオテクノロジー
ここでは、遺伝子を扱った技術について、その原理と有用性を理解させることがねらいである。