ウレタンの実験Ⅱ 反応選択性 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00026030021a

素材名:ウレタンの実験Ⅱ 反応選択性

ウレタンの原料を異なる触媒にそれぞれ溶かして反応の差異を見る

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 『触媒から学習する化学反応の世界』~我々の生活を支える様々な触媒~
種別 動画
(wmv)
実行時間 85秒
データ容量 2.56MB

著作権情報

著作権情報
著作権 文部科学省

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
化学 (2) 物質の変化と平衡
イ 化学反応と化学平衡
(ア) 反応速度
ここでは、反応速度が単位時間内に変化する物質の量で表わされることや、反応速度が濃度、温度、触媒などの影響を受けて変わることを理解させることがねらいである。
化学 (2) 物質の変化と平衡
イ 化学反応と化学平衡
(ア) 反応速度
反応速度については、例えば、過酸化水素の分解反応のような簡単な反応を取り上げ、速度定数を扱う。
化学 (2) 物質の変化と平衡
イ 化学反応と化学平衡
(ア) 反応速度
反応速度に影響を与える要因については、濃度、温度及び触媒の有無を扱う。その際、活性化エネルギーや触媒の利用例についても触れることが考えられる。ここで扱う実験としては、例えば、濃度や温度、触媒の反応速度への影響を調べる実験などが考えられる。