FT法によるガソリン合成 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00026020044a

素材名:FT法によるガソリン合成

フィッシャー:資料

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 『触媒から学習する化学反応の世界』~我々の生活を支える様々な触媒~
種別 アニメーション
(swf)
実行時間 -
データ容量 23.92KB

著作権情報

著作権情報
著作権 文部科学省

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
化学基礎 (2) 物質の構成
ア 物質の構成粒子
(ア) 原子の構造
原子の構造については、簡単な原子を取り上げ、原子と原子核の大きさや、原子を構成する陽子、中性子、電子の質量や電気の量を扱う。また、原子番号や質量数、元素の定義も扱う。その際、電子や原子核の発見の歴史にも触れることが考えられる。
化学基礎 (2) 物質の構成
ア 物質の構成粒子
(イ) 電子配置と周期表
ここでは、元素の周期律及び原子の電子配置と周期表の族や周期との関係について理解させることがねらいである。
化学基礎 (3) 物質の変化
ア 物質量と化学反応式
(ア) 物質量
溶液については溶液の体積と溶質の物質量との関係を表すモル濃度も扱う。ここで扱う実験としては、例えば、分子量既知の気体との比較により気体の分子量を求める実験や、水溶液を調製しモル濃度と質量パーセント濃度との関係を求める実験などが考えられる。