自由探索:仮現運動解説内容15 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00017022115a

素材名:自由探索:仮現運動解説内容15

仮現運動解説内容15:直径の3.3倍の長さのパイプ解説

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 身近な生活雑貨等を利用した実験マニュアル・解説集
種別 動画
(mpg)
実行時間 24秒
データ容量 7.1MB

著作権情報

著作権情報
著作権 文部科学省

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
中学第2分野 (3) 動物の生活と生物の変遷
イ 動物の体のつくりと働き
(イ) 刺激と反応
感覚器官としては,目,耳などを取り上げ,それぞれの感覚器官がそれぞれの刺激を受け入れるつくりになっていることを理解させる。また,例えば明所と暗所における瞳の大きさの比較をするなど,ヒトの感覚器官が刺激の強さに応じて調節される様子にも注目させるようにする。
科学と人間生活 (2) 人間生活の中の科学
ウ 生命の科学
(ア) 生物と光
ヒトの視覚と光とのかかわりについては、眼の基本的な構造及び光の刺激によって脳で視覚の感覚が生じることを扱う。関連する観察、実験としては、例えば、盲斑や近点の検出、錯視の体験などが考えられる。これらの指導に当たっては、光のエネルギーや刺激と生命活動とのかかわりについて総合的にとらえさせるとともに、生物と光との関係についての科学的な見方や考え方を育成するとともに、興味・関心を高めることが大切である。
生物 (3) 生物の環境応答
ア 動物の反応と行動
(ア) 刺激の受容と反応
ここでは、受容器による刺激の受容から効果器による反応までの仕組みを理解させることがねらいである。そのため、眼や耳の感覚細胞が刺激を受容する仕組みを扱い、筋肉の筋原繊維が収縮する仕組みを扱う。また、受容器と効果器は中枢神経と末梢神経からなる神経系によって連絡されていること、神経に興奮が発生して伝えられる仕組みを扱う。
生物 (3) 生物の環境応答
ア 動物の反応と行動
(イ) 動物の行動
ここでは、刺激に対する反応としての動物個体の行動について理解させることがねらいである。そのため、刺激に対する反応としての動物個体の行動を神経系における情報の流れを示しながら扱う。