自由探索:簡易分光器解説内容10 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00017020310a

素材名:自由探索:簡易分光器解説内容10

簡易分光器解説内容10:しゃぼん玉の虹色

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 身近な生活雑貨等を利用した実験マニュアル・解説集
種別 画像
(jpg)
実行時間 -
データ容量 189.23KB

著作権情報

著作権情報
著作権 文部科学省

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
小学3年 A 物質とエネルギー
(3) 光の性質
ア 光の反射・集光
平面鏡に日光を当てたときの様子について調べ,平面鏡に日光を当てると日光が反射して直進することをとらえるようにする。また,何枚かの平面鏡を使い,その向きを工夫することにより,反射した日光を重ねることができることをとらえるようにする。さらに,虫眼鏡に日光を当てると日光が集まることなどをとらえるようにする。
小学3年 A 物質とエネルギー
(3) 光の性質
イ 光の当て方と明るさや暖かさ
日光を重ねたときの物の明るさや暖かさの違いを比べて,日光の当て方と物の明るさや暖かさとのかかわりをとらえるようにする。また,虫眼鏡では,日光が集まったところを小さくすると明るさや暖かさが増し,黒い紙などが焦げることがあることもとらえるようにする。ここで扱う対象としては,日光を扱うようにし,地面の温度の測定の際には,放射温度計などを利用することが考えられる。また,平面鏡の代わりに,アルミニウム板などの光を反射させることができる物の使用が考えられる。ここでの指導に当たっては,鏡1枚を使用したときの現象と,複数枚使用したときの現象を比較することができるようにする。生活との関連として,日光を当てると物が暖かくなることが,太陽熱温水器などに活用されていることを取り上げることが考えられる。なお,平面鏡や虫眼鏡などを扱う際には,破損して,指を切ったり手を傷つけたりする危険が伴うので,その扱い方には十分気を付けるようにする。また,直接目で太陽を見たり,反射させた日光を人の顔に当てたり,虫眼鏡で集めた日光を衣服や生物に当てたりしないように安全に配慮するように指導する。
中学第1分野 (1) 身近な物理現象
ア 光と音
(ア) 光の反射・屈折
屈折については,例えば,台形ガラスや半円形ガラス,プリズムなどを適宜用いて実験を行い,光が空気中からガラスや水に進むときは,入射角よりも屈折角が小さくなるように進み,入射角を変化させるにつれて屈折角が変化することを見いださせる。また,ガラスや水から空気中に光が進むときは,光が上の場合と逆の経路をたどり入射角よりも屈折角が大きくなるように進むこと,さらに入射角を大きくしていくと全反射が起こることを見いださせる。このように光の屈折については,入射角と屈折角の定性的な大小関係に触れる。
科学と人間生活 (2) 人間生活の中の科学
ア 光や熱の科学
(ア) 光の性質とその利用
光の波としての分類については、太陽光や白熱電球、蛍光灯、発光ダイオード、放電管などの光源から出る光を取り上げ、可視光線のスペクトルによる分類、波長による色の違いなどを扱う。関連する観察、実験としては、例えば、回折格子のレプリカを用いた簡易分光器づくりや分光器を用いたスペクトルの観察などが考えられる。