3DCGで見る 視覚・聴覚の構造としくみ サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00004010001f

素材名:3DCGで見る 視覚・聴覚の構造としくみ

小学校6年、中学校第二分野、高校生物Iを対象とした視覚器、聴覚器の構造としくみを3DCGで解説した教材です。

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 3DCGで見る、視覚・聴覚の構造としくみ
種別 アニメーション
(html)
実行時間 -
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権 国立教育政策研究所 National Institue for Educational Policy Research

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
小学6年 B 生命と地球
(1) 人の体のつくりと働き
ア 呼吸
人や他の動物の吸気と呼気の成分などを調べ,肺を通して血液中に酸素を取り入れ,血液中の二酸化炭素などを体外に排出するという呼吸の働きをとらえるようにする。また,他の動物も人と同じように呼吸していることをとらえるようにする。
小学6年 B 生命と地球
(1) 人の体のつくりと働き
イ 消化・吸収
人や他の動物の消化の働きについて,食べた物はどこを通ってどのように変化し体内に取り入れられているかを調べ,食べた物は口から,食道,胃,小腸,大腸へと移動する間に消化されていくことをとらえるようにする。また,口では咀そ嚼が行われ,消化された養分は腸から吸収されて血液中に入り,吸収されなかっしやくた物はふんとして肛門から排出されることをとらえるようにする。
小学6年 B 生命と地球
(1) 人の体のつくりと働き
ウ 血液循環
血液は,心臓の働きで体内を循環しながら,養分,酸素,二酸化炭素などを運んでいる。肺から心臓に戻る血液には,酸素が多く含まれ,全身から心臓に戻る血液には,二酸化炭素が多く含まれる。ここでは,血液に入った養分,酸素の行方や肺から取り入れられた酸素の行方などについてコンピュータシミュレーションや映像,図書などの資料を基にして調べ,血液が,体内を巡り酸素などを体のすみずみまで運んでいることや二酸化炭素を体のすみずみから運び出していることをとらえるようにする。また,人や他の動物は心臓の拍動数と脈拍数が関係することから,心臓の動きと血液の流れとを関係付けながらとらえるようにする。
中学第2分野 (3) 動物の生活と生物の変遷
ア 生物と細胞
(ア) 生物と細胞
ここでは,生物には一つの細胞からなるものと多くの細胞からなるものとがあるが,すべての生物が細胞でできており,細胞は生物体の構造の単位であること及び細胞の基本的なつくりについて理解させる。
中学第2分野 (3) 動物の生活と生物の変遷
イ 動物の体のつくりと働き
(イ) 刺激と反応
ここでは,動物が,外界の刺激に反応していることに気付かせるとともに,これらに関係するいろいろな感覚器官や神経系,運動器官のつくりと働きなどについて理解させることがねらいである。
中学第2分野 (3) 動物の生活と生物の変遷
ウ 動物の仲間
(ア) 脊椎動物の仲間
ここでは,脊椎動物を比較し,共通点や相違点を見いだし,脊椎動物が,体のつくりや子の生まれ方,呼吸の仕方,体温などの特徴によって,五つの仲間(魚類,両生類,爬虫類,鳥類,哺乳類)に分類できることを認識させることがねらいである。ここでの学習によって,動物に対する興味・関心を高め,動物を観察するときにどのような点に注目すればよいかを身に付けさせることが大切である。いろいろな脊椎動物の観察記録から,動物が食物をとったり,敵から逃れたりする際に運動をすること,運動器官や感覚器官が発達していることなどの特徴を見いださせる。また,水中や陸上など生活場所が異なるものは,体の表面の様子,あしやひれなどの運動器官,呼吸の仕方などに違いがあることにも目を向けさせる。
科学と人間生活 (2) 人間生活の中の科学
ウ 生命の科学
(ア) 生物と光
ここでは、植物の生育や動物の行動及びヒトの視覚と光とのかかわりを扱い、生物にとっての光の働きを観察、実験などを通して理解させることがねらいである。
生物 (3) 生物の環境応答
ア 動物の反応と行動
(ア) 刺激の受容と反応
ここでは、受容器による刺激の受容から効果器による反応までの仕組みを理解させることがねらいである。そのため、眼や耳の感覚細胞が刺激を受容する仕組みを扱い、筋肉の筋原繊維が収縮する仕組みを扱う。また、受容器と効果器は中枢神経と末梢神経からなる神経系によって連絡されていること、神経に興奮が発生して伝えられる仕組みを扱う。