鉛蓄電池のしくみのアニメーション サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00002068004f

素材名:鉛蓄電池のしくみのアニメーション

鉛蓄電池のしくみを電子やイオンの移動で表現した概念アニメーションです。

素材のご利用方法

素材情報

素材情報
教材タイトル名 映像、アニメーションで学ぶ粒子の世界
種別 アニメーション
(html)
実行時間 -
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権 第三者著作権者

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
中学第1分野 (6) 化学変化とイオン
ア 水溶液とイオン
(ア) 水溶液の電気電導性
ここでは,水溶液の電気伝導性を調べる実験を行い,溶けている物質には電解質と非電解質があることを見いださせることがねらいである。例えば,砂糖や食塩など身近な物質の水溶液や,塩酸やうすい水酸化ナトリウム水溶液,塩化銅水溶液などに炭素電極を入れ,適切な電圧をかけ,水溶液には電流が流れるものと流れないものがあることを実験から見いださせ,水溶液に溶けていた物質を電解質と非電解質に分類できることを理解させる。
中学第1分野 (6) 化学変化とイオン
ア 水溶液とイオン
(イ) 原子の成り立ちとイオン
例えば,うすい塩酸や塩化銅水溶液などの電解質の水溶液を電気分解する実験を行い,陽極と陰極に物質が生成することから,電解質の水溶液中に電気を帯びた粒子が存在することに気付かせ,イオンの概念を形成させる。
中学第1分野 (6) 化学変化とイオン
ア 水溶液とイオン
(ウ) 化学変化と電池
ここでは,電解質水溶液と2種類の金属などを用いて電池をつくる実験を行い,電極に接続した外部の回路に電流が流れることを見いださせるとともに,電池においては化学エネルギーが電気エネルギーに変換されていることを理解させることがねらいである。例えば,塩化ナトリウムや塩化銅などの電解質の水溶液に,亜鉛板と銅板を電極として入れると,電圧が生じ電池になることを実験で確かめさせる。次に,この実験で電極をマグネシウムリボンやアルミニウム箔にすると,電流が流れるとともに電極が溶け出す現象を容易に観察できる。
中学第1分野 (6) 化学変化とイオン
ア 水溶液とイオン
(ウ) 化学変化と電池
日常生活や社会では,乾電池,鉛蓄電池,燃料電池など,様々な電池が使われていることに触れる。
中学第1分野 (7) 科学技術と人間
ア エネルギー
(ア) 様々なエネルギーとその変換
ここでは,これらの学習と関連を図りながらエネルギー変換に関する観察,実験を行い,日常生活や社会では様々なエネルギーを変換して利用していることを,エネルギーの保存や利用する際のエネルギーの効率と関連させながら理解させることがねらいである。例えば,模型用のモーターを発電機として利用し,様々な方法で軸を回転させて発電させたり,太陽電池(光電池)に光を当てて発電させたりして,その電気で光や音,熱などを発生させる実験を行い,それぞれの現象をエネルギーの変換という視点からとらえさせ,日常生活や社会ではエネルギーを適宜変換して利用していることを理解させる。これらを基に,様々な形態のエネルギーが相互に変換されることや,変換の前後でエネルギーの総量は保存されることを理解させる。
中学第1分野 (7) 科学技術と人間
ア エネルギー
(イ) エネルギー資源
さらに,今後,環境への負荷がなるべく小さいエネルギー資源の開発と利用が課題であることを認識させるとともに,太陽光,風力,地熱,バイオマスなどのエネルギー資源の利用,燃料電池や新たなエネルギーの開発の現状や課題についても触れる。