酸化銀の加熱分解のアニメーション サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00002067001f

素材名:酸化銀の加熱分解のアニメーション

酸化銀が熱せられて酸素と銀に分解するようすを粒子的に表現した概念アニメーションです。

素材のご利用方法

素材情報

素材情報
教材タイトル名 映像、アニメーションで学ぶ粒子の世界
種別 アニメーション
(html)
実行時間 -
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権 第三者著作権者

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
中学第1分野 (4) 化学変化と原子・分子
ア 物質の成り立ち
(イ) 原子・分子
ここでは,物質を構成している単位は原子や分子であることを理解させ,物質の種類の違いは原子の種類の違いとその組合せによること及び原子は記号で表されることを理解させることがねらいである。原子の初歩的な概念を導入し,原子は質量をもった非常に小さな粒子として取り扱う。
中学第1分野 (4) 化学変化と原子・分子
イ 化学変化
(ア) 化合
ここでは,2種類の物質を化合させる実験を行い,反応前とは異なる物質が生成することを見いださせ,化学変化は原子や分子のモデルで説明できること及び化合物の組成は化学式で,化学変化は化学反応式で表されることを理解させることがねらいである。例えば,化合の実験としては,金属が酸素や硫黄と結び付く反応のように,反応前後の物質の色や形状などの違いが明確なものを取り上げる。また,化合して生成した物質を調べる方法を考えさせる際には,「(2) 身の回りの物質」で学習した物質の調べ方や物質の性質を活用させるように配慮する。
中学第1分野 (4) 化学変化と原子・分子
イ 化学変化
(イ) 酸化と還元
ここでは,物質の酸化や還元の実験を行い,酸化や還元が酸素の関係する反応であることを見いださせることがねらいである。例えば,金属を酸化したり金属の酸化物を還元したりして生成する物質を調べる実験を行い,酸化と還元は酸素をやりとりする逆向きの反応であることに気付かせる。