ウイーンの変位則とシュテファン・ボルツマンの法則 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00002011006k

素材名:ウイーンの変位則とシュテファン・ボルツマンの法則

黒体放射に関するウイーンの変位則とシュテファン・ボルツマンの法則について解説する。

素材のご利用方法

教育機関以外でのご利用の場合は、「成果物利用申請」が必要です。
(法令に定められた用途の他、国立教育政策研究所の認める非営利・教育目的に限ります)
この素材を利用したい場合は「成果物利用申請」ボタンから利用申請を行ってください。

素材情報

素材情報
教材タイトル名 関係マップで学ぶ 最新宇宙論 ~観測・実験から理論を導く~
種別 画像
(html)
実行時間 -
データ容量 113KB

著作権情報

著作権情報
著作権 【B】

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
地学基礎 (1) 宇宙における地球
ア 宇宙の構成
(イ) 太陽と恒星
ここでは、恒星の一つである太陽について、表面付近に見られる現象、エネルギー源及び進化について理解させることがねらいである。 「太陽の表面の現象」については黒点、粒状斑、プロミネンスなどを扱い、スペクトルでは吸収線や輝線から存在する元素が分かることを扱う。 また、太陽のエネルギー源では、水素からヘリウムへの核融合反応によって莫大なエネルギーが生成されることを扱う。 恒星としての太陽の進化では、誕生から末期までの進化の過程について扱い、進化の過程で炭素や酸素が生成されることに触れる。
地学 (4) 宇宙の構造
イ 恒星と銀河系
(ア) 恒星の性質と進化
ここでは、恒星の諸性質が定量的に求められること、恒星の進化の速さやその終末が異なることを理解させることがねらいである。 そのため、「性質」については、距離、絶対等級、半径、表面温度、スペクトル型及び質量を扱い、距離の求め方については、年周視差や分光視差などを扱う。その際、恒星の質量については、ケプラーの法則と関連付けて取り上げることが考えられる。 「進化」については、HR図を扱い、質量光度関係により質量が大きく明るい恒星ほど寿命が短いことや、恒星の終末及び生成元素が質量により異なることも扱う。また、様々な散開星団や球状星団のHR図の比較を通して恒星の進化の道筋を取り上げることも考えられる。