鳥の羽毛の役割 サムネイル画像クリックで素材が閲覧(えつらん)できます。

素材登録番号:00002002110a

素材名:鳥の羽毛の役割

保湿のため、飛行のための羽毛

素材のご利用方法

素材情報

素材情報
教材タイトル名 「飛ぶ」生物の飛行から学ぶデジタル素材
種別 アニメーション
(swf)
実行時間 -
データ容量 -

著作権情報

著作権情報
著作権 学研イメージネットワーク、文部科学省

学習指導要領との関連

学習指導要領との関連
中学第2分野 (3) 動物の生活と生物の変遷
ウ 動物の仲間
(ア) 脊椎動物の仲間
ここでは,脊椎動物を比較し,共通点や相違点を見いだし,脊椎動物が,体のつくりや子の生まれ方,呼吸の仕方,体温などの特徴によって,五つの仲間(魚類,両生類,爬虫類,鳥類,哺乳類)に分類できることを認識させることがねらいである。ここでの学習によって,動物に対する興味・関心を高め,動物を観察するときにどのような点に注目すればよいかを身に付けさせることが大切である。いろいろな脊椎動物の観察記録から,動物が食物をとったり,敵から逃れたりする際に運動をすること,運動器官や感覚器官が発達していることなどの特徴を見いださせる。また,水中や陸上など生活場所が異なるものは,体の表面の様子,あしやひれなどの運動器官,呼吸の仕方などに違いがあることにも目を向けさせる。
中学第2分野 (3) 動物の生活と生物の変遷
エ 生物の変遷と進化
(ア) 生物の変遷と進化
ここでは,例えば脊椎動物では,魚類をはじめとする五つの仲間の間には,魚類と両生類の幼生は鰓呼吸,魚類・両生類・爬虫類は変温動物,魚類・両生類・爬虫類・鳥類は卵生,魚類・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類はすべて脊椎をもつというように段階的に共通性が見られることや,化石についての考察などから,現存している生物は過去の生物が変化して生じてきたことに気付かせる。その際,「(2)イ(ア)地層の重なりと過去の様子」での示準化石などについての学習も踏まえながら,陸上生活をする生物は水中生活をするものから進化してきたことにも気付かせる。