特徴
ペルチェ素子は、2つの異なった金属に直流電流を流すと、一方の金属が吸熱しもう一方の金属が発熱する現象(ペルチェ効果)を利用した半導体素子。
電子冷却素子とも呼ばれる。
電流の向きを逆にすると、吸熱と発熱の関係が逆転する。
高精度で温度制御を行なうことができ、持ち運びできる小型の温冷蔵庫、パソコンのCPUの冷却装置などに使われている。
使い方
ペルチェ素子の片面を氷で冷やし、反対の面を湯などであたためると、電気エネルギーを得ることができる。
このときの電流は小さいので、電球よりも電子オルゴールなどを使って電流を確かめる。
どちらの面をあたためるかで電流の向きが変わるので電子オルゴールなどをつなぐとき、プラスマイナスを入れかえて音の鳴る方を調べると良い。
一方、ペルチェ素子に直流電流を通じると、素子の表面と裏面の温度差を手でふれて確かめることができる。電流を逆転すると、表面と裏面の温度差も逆転することがわかる。