性質
液体が酸性か中性かアルカリ性かを調べる指示薬。
ブロモチモールブルー(C27H28O5Br2S)をエタノールと水にとかしたもの。
使い方
調べる液体に、スポイトなどで少量滴下して軽く混ぜ、色の変化を見る。
黄色=強い酸性、黄緑色=弱い酸性、緑色=中性、緑青色=弱いアルカリ性、青色=強いアルカリ性。
リトマス試験紙ではわかりにくい弱酸・弱アルカリにも反応する。白い紙を背景におくと色が見やすい。調整された液は市販されている。
水中動物の呼吸、種子の発芽(二酸化炭素増加)、水草の光合成(二酸化炭素減少)など、水中の二酸化炭素の増減も分かる。
注意点
溶液中のエタノールは引火しやすいので火の気を避ける。
目や皮膚についたら多量の水で洗い流す。口に入ったときは、口を水でよくすすぐ。
管理
光に当たると色が変化するので、濃い茶色のびんに入れて暗所に保管。エタノールを含むので蒸発させないよう密閉すること。
廃棄処分法
多量の水で希釈してから廃棄する。