薬品の性質
エタノール(C2H5OH)はエチルアルコールとも呼ばれる。酒類の主成分で、注射のときの消毒など身近に使われている。常温常圧で無色透明の液体。揮発性。引火に注意。淡く青い炎を出して燃える。水にも油にもとける。薬局で買える医薬品で、アルコールの濃度により、無水エタノール(99%)、エタノール(95%)、消毒用エタノール(約80%)の3種類がある。
管理
揮発しやすいので、びんのふたをしっかり閉め、暗くて涼しいところに保管する。引火しやすいので火気は厳禁。
注意点
引火しやすいので、絶対にエタノールを直接火にかけない。
近くで火を使わない。加熱する場合、湯せんが適している。
揮発性なので、換気を良くして扱う。
アルコールランプの燃料として使う場合(通常、エタノールとメタノールの混合物である燃料用アルコールを使用するが、エタノールで代用できる)、絶対に火がついたままつぎ足さない。
手や指についた場合、消毒に使うくらいなので、水洗いすれば問題ない。傷口や粘膜、目に入ったら、多量の水でよく洗い流す。
廃棄処分法
そのまま捨てない。水で薄めてから廃棄する。