特徴
手で持つと危ないものや小さいものを扱うとき使う。用途によりいろいろなピンセットがあるが、先がピッタリと合わさって隙間ができないものが良い。てこの原理を利用して、指の大きな力を小さな力にかえる構造になっている。
使い方
滑り止めを持つ。持つ位置をかえたほうがバランスの良いこともある。
管理
材質によっては、さびやすいものがある。
解剖で使ったピンセットは、使い終わったら洗剤をつけて洗い、アルコール消毒か煮沸消毒する。
ワセリンを布につけて、軽くふいてから保管する。
注意点
とがった先で目を突いたり手を刺したりするので、絶対に振り回したり、投げたり、人に向けたりしない。
先が曲がって合わせ目がずれないよう、落としたり踏んだりして衝撃を与えない。
ピンセットの先端を電源コンセントに差し込むと、感電するので絶対にしない。