薬品の性質
過酸化水素水は過酸化水素(化学式H2O2)の水溶液。過酸化水素は水素と酸素の化合物で、劇物。皮膚にふれると泡(酸素)を発し、金属臭がある。
3%水溶液はオキシドールといい、傷の殺菌消毒薬に使われる。オキシドールは薬局で購入できる。
使い方
ほとんどの実験では、濃度3%のオキシドールをそのまま使えばよい。
二酸化マンガンと反応させて酸素を発生させる実験で使うときは、5%以下に薄めたものを使う。
5%の溶液を作るには、濃度30%の過酸化水素水を6倍に薄める。
過酸化水素水10cm3を水50cm3(体積比1:5)に加えるとよい。
管理
直射日光に当たるところに置いておくと、水と酸素に分解するので、暗くて涼しいところに保管する。薄めたものは揮発してしまうので、使い切る。
注意点
熱や強いショックを与えたりすると、爆発することがある。容器のふたには穴があいており少しずつ蒸発していくようになっている。そのため、長期間置いておくと濃度が薄くなる。
栓を開けるときに噴き出すことがあるので、ゴム手袋や安全めがねを使うとよい。
過酸化水素水を100℃以上に加熱すると爆発するので注意が必要である。
オキシドールは傷の消毒に使う薬品なので取扱いにとくに問題はない。濃度30%の過酸化水素水は劇物である。濃い過酸化水素水を直接皮膚につけるとおかされて白くなり激痛が走る。皮膚についたらすぐに多量の水で洗い流すことが必要である。