特徴
ホウ酸(H3BO3)は、常温では無色・無臭の結晶。真珠のような光沢がある。消毒薬やガラス、グラスファイバーを作るときなどに使われる。温かい水やエタノールに溶解し、弱い酸性を示す。ホウ酸は冷水にはとけにくいが、温水にはよくとける。
使い方
ホウ酸の結晶ができるようすを調べる実験や、水温を上げてホウ酸のとけ方の違いを調べる実験に使う。
ホウ酸は薬局で売っている。
目の洗浄・消毒にも利用される薬品で危険物の扱いではないが、ゴキブリ駆除剤として使われ人にも毒性があるので、なめてはいけない。
管理
溶液を保管するときは、試薬びんに名称と作成した日付を書いたラベルをはっておく。
注意点
ホウ酸をなめてはいけない。
誤って飲み込んだりすると、吐き気や嘔吐、下痢などを起こすことがある。
健康な皮膚からはほとんど吸収されないが、粘膜や傷・炎症のある皮膚には長時間、広範囲にふれないようにする。
手や衣服についたら、水で洗い流す。ホウ酸を扱った後は手を水で良く洗う。