特徴
様々なものに火をつけるための道具の一つ。リンの燃えやすい性質を利用している。
使い方
頭薬(マッチ棒の頭の部分)を側薬(マッチ箱の側面の茶色い部分)の赤リン面に摩擦させて発火させる。
火をつけるときは、頭薬のついていない方の軸を持ち、手前から向こう側に向けて頭薬を側薬にすばやくこすりつける。
手前に向かってこする方法もあるが、どちらの場合も火の出る方に燃えるものがないか注意する。
火がついたら、炎を上に向けて軸を持ち、消した後は、水を入れたもえさし入れに捨てる。
管理
保存は、涼しく乾燥した火の気のないところが適している。
少量なら、マッチ箱ごとのりやせんべいの空缶にしまっておけば良い。
ダンボール箱などにマッチ箱とマッチをバラバラに入れると、頭薬がマッチ箱の側薬に接触して火が出る危険がある。
注意点
ふざけて使わないように注意をしてから、使う本数だけを生徒に渡す。
持つところが頭薬に近すぎると、発火したときにやけどする。
こする方向に人や燃えるものがないことを確認させる。